So-net無料ブログ作成
検索選択

各種質問箱など

課題と直接関係ないかもしれませんが、
ネット上で質問すると誰かが答えてくれるっていうサービス
いろいろありますよね。例えばyahoo知恵袋
先日友人が図書館で借りたCDを紛失してしまい、どうしたものかと
検索すると、そのようなページで「著作権があるから普通の10倍くらいの
値段のものを買わなければならない」といった回答を見付けたそうです。

もちろんこれは間違ってますが、図書館ってこういったサービスのページを
定期的に見回って、きちんとした回答をしなくていいんですかね?
上手くすれば図書館のことをアピールする場になる気もするのですが。

以上、思いついたままに。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 6

ミッフィーかぴばら

確かにコメントを読んでいると、「ちょっと違うかも?」と思うような記述もありますよね。
そこに気付いた人が、訂正を加えてあげる・・・善意の第三者が現れて、他の人たちの意見が集まって・・・。
まさにWeb2.0の世界ですね。

図書館が「定期的に見回って」という意見ですが、確かにその方がいいのだろうとは思います。
その場合、どの範囲までにコメントや訂正を入れるのかが難しそうですね。
Web2.0世界では、人間の数だけ書き込まれる場所があるような状況ですし・・・。

比較的有名どころだけ、とか、自館名が入っている記事に対して、コメントやトラックバックを行う・・・など、基準を決めないと大変そう・・・ですね。
(すでに課題でいっぱいいっぱいな私などは・・・)
by ミッフィーかぴばら (2008-12-15 21:14) 

寄席通い

ミッフィーかぴばら 様

コメントありがとうございます。

確かに、実際に図書館が仕事としてコメントするとなると、
範囲と基準を持って臨まないといけませんね。ほかにも
やれ決済がどうとか、館長の許可がどうとかってことになりそう。
素早く的確なコメントが出来れば、「図書館って意外とやるな」って
思ってもらえるチャンスだと思うのですが、クリアすべき課題も
いっぱですね。





by 寄席通い (2008-12-15 22:58) 

110kA

はじめまして。
ARGのブログからリンクをたどってやってきました。

以前は、レファレンスの練習のつもりで、Yahoo!知恵袋に登録された、本に関する質問と、図書館に関する質問は、登録されると通知が来るように設定して、できるだけ答えるようにしていました。個人的にですが。
今は、いろいろと忙しくて、チェックすらできていない状態ですが。
知恵袋なんかは、専門家が答えます、とまでやっているのだから、その中に司書がいても良いと思うんですけどね。
by 110kA (2008-12-18 21:15) 

寄席通い

100kA様

はじめまして。コメントありがとうございます。
もうすでに、しかも個人的にトライしてた方がいらっしゃったのですね!
私も思いました。yahoo知恵袋の専門家に図書館関係の人は
いないのかなって。ニーズが少ないんでしょうかね?
でもいるとかっこいい!
手を挙げて専門家として登録してもらえるなら、是非図書館からも
専門家を送り出したいですね。

by 寄席通い (2008-12-18 22:07) 

まる3

110kAさんって、すごいんですよ。
あこがれちゃう。

たぶん、公立図書館的にやろうとすると、Yahoo!やはてなに参加するというよりも、自館のウェブサイトにて「◯◯市の知恵袋」的なページを開設すると良いかもしれませんね。システム的には「掲示板システム」で使えるんじゃないかな。

それとCDが10倍というのはウソですが、映画の著作物であるDVDが、館内視聴、館外貸出、館内上映...みたいな[権利]を、公共図書館が購入させられ続けるのも問題だと思っている。いつかこれは、「公共図書館が勝ち取らなければならない対象」のひとつだと思っています。もうひとつは「オンラインデータベースを利用者が自宅から図書館経由でアクセスできる」とか「デジタル図書のネット経由の貸出」とか。

図書館サービスのすべからく『最初っからこうだから〜』で納得しないように。利用者さんに対するサービスで何ができて、何ができなくて、これならこうできるんじゃないか...って、まだまだ知恵の働かせ箇所がごまんとあります。


by まる3 (2009-02-03 10:53) 

寄席通い

まる3様

コメントありがとうございます。
ライブラリーアカデミーのblogに注目していただき、嬉しいです。
どきどきもしますが。

「◯◯市の知恵袋」、素敵です!
地域の図書館には地域のレファレンスの積み重ねがあるので、
それをただ内部に溜めておくのはもったいないですよね。
レファレンスDBにアップするのもいいけど、どうも拡散した印象になるし。

総合学習で地域のことを調べる小学生に使ってもらったり、
大きなアピールになりますよね。

映像の著作物に関して図書館が支払う著作権料の問題にしても、
(自分も含めて)図書館の人って主張やアピールが弱い気がします。

blogも声をあげる訓練の一つと思って、修行したいと思います。





by 寄席通い (2009-02-04 00:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。