So-net無料ブログ作成

ご意見箱 [図書館]

こいつはいけねえ。
ちょっとぼんやりしているうちにもう一月ですな(ぼんやりしすぎ)。


今やどこの図書館にも、お客さんからの意見をいただく「ご意見をお聞かせ下さい」的な
ものがありますよね。紙に書いていただくとかメールをいただくとか。

もちろん私の働いている図書館にもあります。
最近、立て続けに厳しいご意見をいただく、ということがありました。

そのうちの一件は(詳しくは書きませんが)、図書館がプライバシーを
考慮して行っていることがお客さんにはどうも腑に落ちない、という内容のものでした。

このケースは、きっと言葉を尽くして説明できれば、納得まではいかなくても
理解していただくことが可能だと個人的には感じるものでした。

しかしそのことをお客さんに伝える手段がありません。
いただいたご意見も、それに対する回答も公開していないから。
もちろん、お名前ご住所など記入してくだされば、個別に回答はしていますが、
そこまでなさるお客さんはなかなかいません。
今時の「住所・名前」ってちょっと敷居が高いし。

スーパーなんかだとお客さんの意見(無記名)に対して店長さんが応えてますよね。
それを店頭で公開して、誰でも見られるようになっていて、結構面白いものもあります。
あんな風に出来れば、その意見を下さったお客さんのみならず、
沢山のお客さんに図書館のことを知っていただくことができます。

図書館の常識は世間の常識ではないと思います。
図書館で働いている私でさえ、「これって変では?」と思うこともあるし。
そんな世間様との溝を埋めるよい機会になるのではないかと
思うのですが、いかがでしょう。

確かに、色々な質問に対する答えを公開するのは大変です。
施設が古い・本が少ないなど、予算の問題でお応えできない事柄が
多くなるのは火を見るより明らかだしな。

でも、図書館の窮状を知っていただくことも大事だし、
もしかしたらお客さんから解決策を提案していただけることもあるかもしれない。
あるいは、尤もな問題提起を公開することで図書館が改善されることも考えられるし。

図書館はもっとお客さんに対して説明すればいいと思います。
黙ってて理解してもらおうなんて無理ですよねー。

私もご意見と答えを公開してみたらどうでうすかーと提案してみましたが
あっさり難しいって言われました。
お客さんと図書館のコミュニケーションで、よいスパイラルを生み出す
好機を逃しているのでは?という気がします。

ちょっと理想主義的過ぎるかな?



昨年の11月に台湾に旅行に行ったので、次回はそのことを書きます。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。