So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾行きました その8

さて、早くも最終日。


二日目はツアーの一日観光の出発がとても早くて
朝ごはんを食べられませんでしたが、このホテルの朝ごはんは
なかなかおいしいです。 基本的にはバイキング形式。

台湾的な揚げた麩と豆乳(なぞの甘さ。そのため、どうやって食べたらいいのか
分からず、ホテルの人にしつこく尋ねた。「醤油入れるの?それとも塩?」とか。
答えはまさかの「そのまま」です。)の組み合わせとか、おかゆとかもあるし、
洋食もそろってるし。

あと、オーダーすると作ってくれる別メニューのコロッケとかもありました。
出来立てでおいしかった。それにベジタリアンメニューもありました。

というわけで、本日は朝食食べすぎでお腹いっぱい。


今日の午後はもう飛行機に乗らないといけないので、あまり遠出はしません。
もう一度百果園に出かけてまたかき氷と果物を食べ(確かさっき朝食でお腹いっぱいとか…)、
マンゴーとヌガーを買い足し(でもやっぱり帰ってから後悔した。
ヌガーはスーツケースいっぱい買うべきだった!)、
ホテルの近くのショッピングモールを冷やかし、ホテルの近くのパン屋さんで
サンドイッチを買い、ホテルの近くのジューススタンドでタピオカ入りミルクティーを買いました。

このジューススタンドでもまた注文しようとするとすったもんだ。
なにやら狭い店内でもめています。
数人の店員さんのなかから押し出されてきた女の子に注文を
指さしで伝えると、そこからは全員で、「大のカップ?中のカップ?」とか、
「氷入れる?入れない?」とかわいわいわいわい。

線麺の店とまったく同じことが起こりました。
こうなってくるともう訓練された集団が行うコントのようです。
お金を払って無事商品を受け取ると、全員が笑顔で手を振ってくれます。
ありがとう、面白かったです。
ミルクティーもおいしかったよ。でもその後猛烈にトイレが近くなった。
紅茶って利尿作用があるんだね。


さて、お土産をスーツケースに詰め込みんだら、もう空港への
お迎えの時間です。
ところが、同じツアーの人が盲腸で急きょ入院なさったとかで
現地係員さんはそちらに向かったらしく、お迎えは運転手さんのみ。

運転手さんは日本語英語もできない方だったので、ちょっと
びびりましたが、途中から別の係員さんのバスに合流しました。

保険には入っとくもんだなーとしみじみ思いましたし、
海外旅行では飛行機とホテルだけでも旅行会社に頼んだほうが
安心だと改めて感じました。なにせ外国語で病状を説明したりとか
飛行機の再手配とか、考えただけでも大変だー。
そんな時に旅行会社の人が助けてくれると思ったらほんと心強いです。

さて、またまたお土産屋に立ち寄り(これはツアーに強制的に付いてくる)、
無事に空港に着きました。
台湾桃園空港は大きくてとってもきれいです。
でもこれで楽しかった&おいしかった台湾旅行は終わりです。
そして襲い来るミルクティー由来の尿意と戦いつつ、
台湾に別れを告げ、飛行機に乗り込んだのでした。


台湾は英語がほとんど通じなかったので、次はちょっとでも言葉を
勉強していこうと思いました。せめて挨拶と、「これ一つ下さい」くらいは。
日本から近いし、またぜひ行きたいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。