So-net無料ブログ作成
検索選択

台湾行きました(2回目) その5

滞在二日目。ホテルで朝ごはんを食べ、いざ、象山自然歩道へ。


象山へは、MRTの象山駅から出発します。ちなみにこの駅は出来立てほやほや。
トイレもとてもきれいでした。

2番出口から地上へ。芝生の広場も整備されていて、とてもきれいな駅です。
ぶらぶら散歩したりもいいと思います。


さて、台湾のタクシーは見た目きれいな車に乗ったほうが安全、と言われます。
自然歩道の入り口まではちょっと距離があるのでタクシーで行く予定ですが、
象山自然歩道はどうも日本人の間ではあまり人気がない様子。
日本語のはっきりとした情報があまりないし、残念ながら中国語わからないし。
やる気はあるけど、果たしてちゃんと自然歩道の入り口にたどり着けるかどうか不安です。

象山の登山道は三つあり、我々は今回、登りが比較的楽だという
②の「市立療養院登山口」から登るつもりなのです。
いろんな地図をみたけれど、どうも病院の中を通るというトリッキーな感じ。
あーちょっと自信ない。

なので、きれいな車体の頼りになるタクシーがつかまりますように、と願っていましたが、
停まってくれたのは若干車体がべこべこのふるーいタクシー。
……。これは…。

しかし、この運転手さんに日本でプリントアウトしてきた地図を渡し、
「②市立療養院登山口」の文字を指さすと、「まかせとけっ」と言わんばかりの笑顔!
「象山はいいよー」みたいなことを(多分)しゃべってくれました。
じいちゃんだし車体には問題あるけど、迷いなく病院の中を抜け、無事登山口到着。

登山口にはめちゃくちゃでかいけど古い看板がコンクリートの壁に埋め込んであります。

その前を通って、病院関係者のものと思しき車の停まった道を登っていくと、
案内板があります。
今ちょうどきれいに整備しているようで、象とか、諸々工事中。

P1010719.JPG

さて、その後は(道はたまに枝分かれしますが)上へ上へと登って行けば
なんとなく頂上に到着!
めちゃくちゃ暑いけど、迷いながら休みながら30分程度で「撮影平台」まで来ました。

P1010722.JPG

爽快!なんてすがすがしい!台北101がこんなにきれいに見えます。

Sちゃんと記念写真を撮ります。多くの皆さんが同じように記念写真を撮っています。
逆光で黒い写真ばかりになり、あーだこーだしていると、
同じオリンパスカメラの女性が助けてくれました。

さて、帰りは急な階段を下ります。泣くほど急です。高所恐怖症気味だから。

やー、でも②から登って良かった。この階段を登るのはかなりきついです。

あと、「手のひらいっぱい×2」サイズのムカデとかいました。
きれいな蝶もたくさんいました。名前は何一つわかりません。すみません。
鳥と虫の天国です。さすが南国。

なので、服装はできれば長袖がリスクが少ないと思います。生地は汗がすぐ乾くものを。
足元はスニーカー的なもので、夏は特に水分とタオルが必須です。

「信義路5段150巷」(こちらに行くと象山駅方面)という矢印の方に下りきると、
「霊雲宮」に出ます。おそらくこちらが③の登山口。

登山口で記念撮影している一団がいるので邪魔しないように脇に寄って待っていると、
同じように待っていたおじさんが、「昔日本で働いていて、百名山も色々登った」と
話しかけてきてくれました。
すかさず我々も数少ない登山経験を自慢。おじさんの方が百倍登山家でした。


「霊雲宮」で登山の無事のお礼をしたら、汗かいたご褒美にかき氷を食べに行きます。

















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。