So-net無料ブログ作成

台湾行きました(2回目) その9

午後からは、旅行会社で申し込んだ九分と夜市の観光ツアーです。


台北中心部から九分に向かうバスから見る景色は緑豊かで楽しい。
しかし、ガイドさんは、九分ではバスや車に轢かれないようにと
なかなか恐ろしげなお話をしています。

大きな駐車場がないせいか、バスを降りて通りを渡るときはなかなかの切迫感。
車にやられないように結構必死です。

九分の街に入れば、階段と狭い通りばかりなので車に轢かれることはありません。

別のツアーのガイドさんが、道に寝そべってる犬を指さして
「この犬は日本人に愛想がいい」と説明してます。おや、かわいいじゃないか。

しかし、スクーターに犬を乗せた地元のおじさんが通りかかったとたん、
今までのんびりしてた寝そべり犬が突如わんわん吠えながらスクーターに突進!
そして私に激突!

別にいいけど。もうちょっと周りを見るとかさー。

P1010762.JPG
(↑わしにぶつかってきたのはお前じゃよ。忘れないよ。)

しない、犬だから。
急に犬がふてぶてしく見える。


九分はすごい人です。屋台も色々。でもレストランでご飯を食べたので
お腹はいっぱい。階段を頑張って上まで登って、お寺から夕日を見ました。
お寺では、日本人と思しき男性が、犬のフンを踏んでしまったらしく、
スニーカーを必死に拭ってしました。
一瞬こらえきれず笑ってしまいましたが、その後神妙な顔で夕日を見ました。
本当はウエットティッシュを渡したかったのです、sincerely、from my heart。

ガイドさんは一本道だから迷わないって言ったけど迷う。
階段と坂道ばっかりの街を、集合時間に間に合うように必死で歩く。
結果、九分のことはあまり覚えてません。
思い出を一言でいうと、犬です。


なんとか無事に集合時間に間に合って、次は饒河街夜市に連れて行ってもらいました。
当時はまだMRTの駅は工事中。開通したら便利になりますね。

P1010779.JPG

ここもすっごい人です。残念ながらあまり時間がなく、またお腹もすいてないので
麺線だけちょこっと食べました。とろみのついた素麺に小ぶりの牡蠣とかモツ的な
ものが乗っていて、日本人になじみやすい味だと思います。大好き。

ツアーだと、晩御飯の後に夜市になるので、なかなか夜市を満喫できず、
ちょっと残念です。


ホテルに戻ってちょっと買い物に出かけ、ドラッグストアでお土産の総仕上げ。
風呂の後、またライチを食べました。7月に行って本当に良かった。暑いけど。


最終日はただ帰国するのみです。
現地ガイドさんの手違いでやたら早い時間に空港に連れて行かれ、
予定と違う航空会社のカウンターに案内されて超びびりました。
ま、遅い時間に連れて行かれて帰国便に乗れないよりはずっといいです。


近くておいしくて人も親切で、また行きたいです。台湾。
今回行けなかったお店も沢山あるので、大食いできるようになってまたチャレンジします。














台湾行きました(2回目) その8

台湾滞在3日目。

朝食は超有名店「阜杭豆漿」で、豆乳です。
ここはSちゃん希望の店だったので、どんなお店か全く知りませんでした。
何やら行列するそうなので早起きしようとSちゃんは言いますが、
Sちゃんが早起きする姿なんて見たことないよ。早起き出来ないに100元!です。

しかし、おいしいもののためなら人はけっこう頑張れるようです。
予告の時間にしっかり目覚め、ホテルから歩いてお店に向かいました。

そして、もうすでに行列!結構早い時間ですが、ビルの外まで行列です!
行列の人々を観察しながら、我々も順番待ち。
長大なリストを持ってる人(職場の買い出し当番か?)、写真撮ってる人、様々です。

注文は必ず通じる「指さし」です。あったかいか冷たいかは日本語で聞いてくれました。

「鹹豆漿」は、しょっぱい豆乳。なんていうか、茶わん蒸しのクリーミーな感じ。
干しえびの出汁がきいてて、揚げ麩の油がしみてて超うまい!
「甜豆漿」は甘い豆乳。外が暑かったので、冷たさがありがたい。ホットもあります。
「蛋餅」は、もちもちのクレープ生地的なもので卵を包んだもの。
お醤油をちょっと垂らして食べたら最高!です。

P1010747.JPG

朝早くから並ぶのが面倒だけど、並んででも食べたいおいしさです。また行きたい!


さて、お次は大好きな「百果園」のヌガーを買いに行きました。
最寄りの駅からタクシーに乗りました。住所を書いた紙を運転手さんに
見てもらったけど、「糖村」に連れて行かれ、その後もさんざん迷った…。

やっとたどり着いたらなんと、ヌガー売り切れ!!ショック!!
次にできるのは10日後くらいかなーと言われ、あきらめきれず、
10日後でいいのでと郵送をお願いしました。
(お店に、日本語で郵送の案内がありました!素晴らしい!)
元々荷物が重くなったらEMSで送ろうと思っていたので、結果オーライです。
ヌガーとドライマンゴー合わせて20個の郵送をお願いして荷物が約2.5キロ。
郵送料が770元でした。
郵便って素晴らしい。EMS便利です。結構素早く受け取ることが出来ました。
(でも別送品があると、日本の空港で税関の書類提出の時にチェックがあります。
小心者なので挙動不審になりました。終わってみればなんてことないけど…。)

一安心して食べたフルーツ山盛かき氷のおいしいことと言ったらまあ。
マンゴーうまし。ちょうどいい季節だったし、もっとマンゴー食べればよかった。



帰りに、初日に撮った変身写真館で写真を受け取り、ちょうどお昼時になったので
「梁記嘉義鶏肉飯」で昼食。食べてばっかだ!

お店はお昼で混雑。一人のおじちゃんが訳の分かってない日本人の専任についてくれました。
まずはずらっと並んだから実物のおかずを指さしオーダー。野菜がおいしそう。
次は反対側の列に連れて行かれ、ご飯をオーダー。
「鶏肉飯」と「魯肉飯」を一つずつ。
席に案内してくれ、スープもオーダー。別の日本人旅行者と相席です。
言葉は通じないから愛想よくはないけど、お店のおじちゃんには親切にしてもらいました。

野菜のおかずはどれもおいしく、完食。私は甘辛の魯肉飯が好みです。
鶏肉飯はちょっと台湾スパイスの味かなー。

P1010752.JPG

相席の日本の人が頼んだスープも飲ませてもらうと、我々のものと同じ味。
ベースのスープは同じで、具が違うってことみたいです。


ホテルに帰る途中に偶然見つけた裏路地の八百屋さんで再びライチ購入。
1パックがあまりに大きかったので、半分にしてもらいました。しかし安いなー。

食後のデザートに早速食べましたがこれも超うまい!!

P1010755.JPG



坂道を転がり落ちるように自分が太っていくのが感じられる台湾の午後です。














この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。